il caffe la domenica mattina
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
他人の悪口は自分のこと?の秘密
また少し心理学っぽい話。

他人の悪口は言うべきではない

とは言いますが、ついつい言ってしまいますねあせ
薬物依存に似てると言われてますが
確かに。うまく言ったもんですね。
悪口は言ってはいけない!と
思いながら、言うとすっきりするし
やめられなくなる。まさにクスリのよーなもの!?笑

最近、人が悪口言ってるの聞いてて
また、自分が悪口言ってて
ある法則を見つけたのです。


「それ、自分のことやん?」

です。爆笑

例えば、太ってる男子が
太ってる女子を批判していたこともあったり
(誰のことや笑。お前に言われたくねーよです)

あの人、○○大学やから頭悪い!
と言ってる人が大学でてなかったり
そもそも自分が頭いい人だと、頭悪い人のことは気にしない気がする。。。
阪大や京大卒の友達がいますが、自分より下の大学をばかとか
言ってるのは聞いたことがありません!

あとは、あの子わがまま!っていう人は
だいたいその人がわがままです。
なんでかとゆーと自分のわがままが通らないから。
相手がわがままだと思ってしまう。

あなたが言ってる悪口は、
自分の悪いところの投影です。
100%、とは言わないけど、かなりの高い確率で自分の悪い点です。
お気をつけて。

人の悪口が気になってしまう時、
言われたのを聞いて傷ついてしまった時・・・
この法則を思い出すと
あまり気にせずに済むかもしれませんね。

悪口を言われてる対象の人ではなく、
悪口を言ってるその人自身に問題があるんじゃないかな??
という目線を持ってみると
もっと楽に生きられるかもしれません(^^)

わたしも言ってしまいます。嫌いな次長のこととか笑
でも悪口言って気持ちよくなっても
何の解決にもならないよ、と自分に言いたいです。

もっと人のいいところに目がいくような人間になりたいものですね。
Psicologia comments(0) trackbacks(0)
だめな思考を消す


これ、年末年始にはまった星乃コーヒーです。
おいしかった。

あいてる時間でまたいらんこと考えちゃうので
心理のとこでも書いてみます。
興味ない方は読み飛ばしください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・*

部長のブログ読んだらぽろぽろ泣いちゃうよ。

わたし内部の方で弱ってるな。

人と会って、話してるときは忘れてるんだけど。



でさ、原因は例の人かなーとも思うのだけど
確かに相手のことはぐるぐると考えてますよ。

で、やっと念願の相手に会って話した時に
「あれーーー?こんな顔だったっけ??(失礼)」
とか違和感を感じる事が、最近多い。笑

それって、ほんとに相手と恋愛してんのかなって思う。

わたしは何を見てるんだろう??

でも、わたし、相手のことは週に2回は顔を見ていたし、
長い期間会ってないがゆえに顔を美化(笑)したりとかはないはずなんだけどね。


つまりは、会ってないときに相手じゃなく別の人を考えてるってこと?

ぐるぐる考える時、考えてるのは相手のことじゃないのかも。。。。
「あの人はこんな言葉を言うの!(つまり、わたしのことがもう嫌いなの?)」
「あの人はわたしなんかよりもっと・・・な子がいいんだ。(だからわたしに興味がないんだ)」
等々・・・(書いててうざいですね)


話の主題は相手だけど、結局考えてるのは自分の不安!!爆笑


ああ、くだらないですね。実にくだらない。笑
しかも自分を苦しめてばっかり。

結局、振り回されてるのは自分の思考なんだ。って思った。

「早く安心したい早く安心したい」って思うからうまくいかない。
だって、安心は相手や友達からもらうものじゃないから。



もっと自分をしっかり。

と思って初泳ぎに行ってきます;)
Psicologia comments(0) trackbacks(0)
我慢していたころ



トルコオフショット

昨日はイラちゃんとランチしながら、いろいろ思い返した。
いや、いろんな人との話で、先週やたらとでてきた昔の彼氏の話。

我慢の恋。

あの彼氏が、いい男であったかどーかは、全く別の話として。
自分は全然だめだったなーと思う。

相手に嫌われるのがとにかく恐くて、
相手の顔色ばっかりみて、
相手の予定に合わせてばっかりで。

そりゃーうまくいかないよね。均等がとれてないですもん。
自分で自分の価値を下げることばっかりしてた。

と、気付いたのも去年の話で。笑 (おっそー)
きっかけは、
心理学だったり、名古屋の先生の言葉だったりしたんですけどね。

だってさ、女友達や男友達と話してても、そんな事、気付かなかった。
「好きだったら、合わせちゃうよねー」と共感してくれる友達。
「そんな最低な男、やめときなよー」と相手のせいにしてくれる友達。
みんな、わたしをかばってくれていた。
でも、ほんとは、最大の原因は自分にあった。

自分の根底的な考え方を、全否定したのが名古屋の先生だったのだけど。

あの時は散々泣いたなぁ。ほんと。疲れるくらい。
でも、それくらい言ってもらえて、ほんと感謝してる。


そこから、ちゃんと自信を持って、自分を崩さない恋愛しようと思ったら
中学生みたいな幼い気持ちってしまった
あらーーわたし、中学生からやり直さないといけないんだなって思ったよ。


でも、自分が変わっていくと、ほんとに恋愛も変わっていくというか・・・・
今までは強引に引っ張ってくれる人が良かったし
女が喜ぶ言葉をバンバン言える、いわゆる慣れてる男が良かった。
なぜならば、合わせてる方が楽だから。
しかも
「こんなわたしを好きになってくれた」なんて考えちゃうから
やたらと熱が上がって執着するし。
自分を好きでいてほしいから、とにかく尽くすし。
我慢ばっかりしてるから、突然破裂して相手にぶちまける。
(ああ・・・書いてて切なくなってきた)


でも、最近は自分の前でモジモジしたり、自分が言った言葉にデレデレしたり
そんな男の人が好きだと思うようになった。
相手が喜ぶ言葉を素直に言えてるし、
とりあえず自分のペースで会いにいくし、
友達に誘われたらそっち優先するし。笑
結果・・・・自分のコンディションがいいから、相手の前でも素直だしにこにこできる。
相手が子供みたいに拗ねてても、イライラしないし。かわいいとか思ってる。


自分が相手をすごく好きという気持ちは昔と同じはずなのに??
こんなにも違うんだと。不思議すぎる。


勿論、人間の性格・考え方なんて1年やそこらで変わるわけないので
たまに昔のマイナスな自分に戻ることは、あります


だから、まだ暫定的というか、変わっている途中、かな?


でも、今、昔の自分がだめだなーと思えたということは
その分、成長したということ。


自分が変われば、周りも、ほんっとに変わる!!
自分の価値が上がれば、恋愛する相手のレベルも上がる。
ほんと、身にしみて感じています。。。

Psicologia comments(0) trackbacks(0)
かわいいって?
 

 母親とランチ:::


最近、かわいいね、と言われるのが苦痛に感じるゆきです。
あ、もちろん見た目がかわいいと言われるのは大歓迎ですよ?


そうじゃなく、中身の話。
男性性が強すぎると心理カウンセラーさんにも言われたし
わたしをよく知る親友達は、わたしを男だと言う。
働くのが好きとか、勉強がんばろうとか、
スポーツも苦手だけどうまくなりたいとか、
人を頼るのが嫌いとか、
外国に1人で行ったりとか・・・・こういう部分が男性性らしいです。笑

まぁそれはいいとして、
わたしは自分が男っぽいと自覚してるから、かわいいと言われると気持ち悪く感じるのだと思う。
まぁ特に恋愛のことですが。爆

部長の言う 愛情貧乏性 が、かわいいと言われる所以だと思う。
つまりは、相手のちょっとした好意に「喜んでる」のが、かわいい、って事だよね。

相手の見せる好意が、25%なのか、ちょっと好きの65%なのか
本気の90%なのかも分からず、
のぼせあがってしまう。


わかってる。
自分は、過去にいい恋愛をしてきてないから、
相手の好意を測る能力がないのだと。

もちろん、今まで好きだった人が悪いと言ってるわけでないです。
わたし、男の人の本気の好きを見たことないのかなーって思う。

もーほんと、男の甘い言葉に散々のぼせ上がって、撃沈してるから
もういい言葉なんぞに騙されない!とは思うけど。笑

職場の先輩と不倫してる上司もそう。
初めは面談で仕事を褒めてもらって、いい上司だと思ってたのに、
中身を知っていくうちにどんどん最低な上司だと思ったから。
ほんとーーに最低!
ほんと、口では何とでも言えるし、人間の脳は言葉をそのまま飲み込むから。
これが恋愛ともなると恐怖!!!
好きになってからでは遅い!


まー、今回の人は、今までの人よりは好意が高いのはわかるかな。
それもまだ、65%か90%か、見分けられてないと思うけど。苦笑
言葉じゃなくて、行動で好意を感じるんだよね。それが今までとは違うし、嬉しい。


まぁ、嬉しいと感じるのは素直だし、悪いことじゃないんだけど。

だって過去にあったやん。
しょっちゅう2人で会って、そういうこと(含んでます)してても、
本気の好きではなかったこと。


早く、「本気の好き」を見てみたいなーーと思うのです。
自分の経験不足ってそこだな。間違いない。笑
Psicologia comments(0) trackbacks(0)
自分の深いところ
 

お盆やすみなーーし!笑

お盆は仕事暇なんだと思いきや、めっちゃバタバタした
英作文しまくりました:::汗



月曜日はしぃちゃんとごはん・・・・のはずが
れーこにもばったり会い、急遽3人でごはん会。
パンナコッタ美味しかった

―――――

今回もちょこっと心理のはなし。

これは、わたしが好きな女のカウンセラーさんがおっしゃってたのですが。

兄と姉として生まれた人は「我慢すること」が癖になってしまう人が多い。

弟、妹のことが好きであるがゆえに、
両親に「自分も愛されたい」という気持ちを持っていながらも、それも我慢。
結局・・・・自分は愛されてないの??という自己嫌悪になる。

そして、その我慢と自己嫌悪は恋愛にもでてくる。

自分の気持ちを我慢して、我慢して、
いざ自分の気持ちを出そうとする時は「怒り」になってでてきてしまう。

我慢が癖になっているので、お願いができない。


・・・・ぶ!!!!
これ、去年のわたしやん
深層心理では、こんな事が原因になってたんですね。

で、これって兄姉として生まれてきた人が「かわいそう」って言いたいわけじゃないんです。

もともと、それだけ弟妹のことを好きでいるがために
そうなってしまったこと。
だから、何にも自己嫌悪になることなんてないし、


「もういいんだよ、十分だよ」を自分に言うようにしてます。


だから、最近は仕事以外は自分を大事にする!を心がけてます。
すぐには変われないけど・・・・

嫌なことは断る。とか。
欲しいものは我慢せずに買う。とか。
「自分はこうしたい!」を言えるようになる。とか


「え??そんなの当たり前やん???」と思ったアナタ。
あなたは自由に生きれてます。笑
わたしはなかなかできないのだな
自由な時もあるけど、基本的に我慢が癖になってます
Psicologia comments(0) trackbacks(0)
new color



maquillageのアイシャドー、2色新しくしました

会社の先輩からも、突然『アイシャドーかわいい!』って言ってもらったり
びっくりしたこともあるんですが、マキアージュ
ほんとに長年お気に入りで、飽きないからカスカスになるまで使うし、笑
使い終わっても、いろんな色に変えてみたりして
楽しい・・・・


木曜日は名古屋の先生(笑。といった方がわかりやすいので)と話しました。

まー思うのはわたしが幼いこと。それと
相手もとにかく幼い。笑

なんか、彼がわたしにとってる行動、全部『恥ずかしい』のがベースにあるみたいです。笑
わたしの推測も半分くらい外れてた。笑
あーわたし、いろいろ考えすぎてたかな。笑

「そんな事、言われたことないから、
どうしたらいいのか わからず、そんな言い方するんです。」

え・・・・そーなの???(爆笑)

ってびっくりしちゃいました。笑

でも、なんか、最近わたしジムの男子とか、バスケの男子とか
年下の男の子のモジモジ、不器用な感じが
たまらなくかわいい!!笑

そういえば、わたし(あんまり恋愛経験もないけど)
めっちゃ女慣れしてて、好きとか褒め言葉も簡単に言える人やら
強引に、わかりやすく誘ってくれる人とかが多かった気が・・・・

だって、楽なんです。
相手に合わせて、流されてる方が、
自分は恥ずかしい思いも、勇気を出すことも要らないから・・・・・


「今の状態で満足してしまってる。
しょっちゅう会えるし、話せるし、楽しいし、これで幸せって。
その深層心理では、
自分から動いて、「また傷つくんじゃないか?」って思ってしまってる。
だから、今のままでいいやって。
でも、違う。もっと欲張らないといけない!」
って一喝されちゃいました。笑

ああ、また核心をつかれちゃいました。感服です。。。。。笑

先生、ありがとうございました^^

Psicologia comments(0) trackbacks(0)
怒りの心理学
 

白のロゴT+ギンガムチェックってかわいすぎる!
パリジェンヌ風!

最近、自分で『あーーなるほどーー!』と思ったことがあり、
また、浅野先生もそれに関する記事を書いてたので
心理学の記事を書こうと思います。


相手にぶつける『怒り』について。
というのも、ここ最近
ある男子と話してて、いきなり不機嫌な態度をとられ
かつケンカに発展しそうな挑発的な言葉をかけられて

え?あ??どゆこと??
って困惑したことがあり。

はたまた、先輩に仕事でいきなり怒られてびっくりした事もあり。
(でも、その先輩は謝ってくれて、今は仲いいんですよ)

ちなみに、わたしが過去に怒りを表現した事を思い出すと・・・
あんまりないんですけど、
彼氏とか好きな人、母親、弟、同じチームの同期2人
だったかな?と思います。
まぁ、好きな人に長々と怒りメールを打ったこともあります・・・・。


そもそも、
この『怒り』を相手に表現すること、なんですけども、
『わかってほしい』
『愛してほしい』
『助けてほしい』
のどれかのメッセージが隠れてます。
でも、それを素直に言えないから、怒りをぶつける。

相手に怒りの気持ちを出すって相当なエネルギーなんです。
それを、どうでもいい人、嫌いな人、関心ない人に使ったりするでしょうか???


この怒りの感情をぶつけるという行為。
エネルギーを大量に使ってでも、わかってほしいという気持ち。

深層心理を
掘り下げていくと
『わたしはあなたの事が好き』ってところに行きつくらしいです。

でも、怒られる側は
『は?何なん?』だし、戸惑うし、困るし、落ち込むし、
わたしのこと嫌いなん??とか・・・・・
まぁ、どれにしても
そんな気持ちが隠れてるなんて相手に伝わってないことの方が多いので
怒りをぶつけることが いい方法ではないのは確か

しかしながら。
ケンカ中の友達やカップルやご夫婦・・・・
バトル状態ならいいんです。
お互いに相手に対して、怒りを表せてる時は。
でも、もう距離を置いてる状態とか、冷戦の状態になってる時。
そっちの方が、関係が悪化してるということ。



つまり、怒られたり、感情的になられたりするのは
あなたが相手にとって
『どうでもいい相手』ではないということ。

相手が怒ってるとき、
怒りの裏に隠れてるメッセージって??を考えてみましょう


まぁ怒られた直後は無理かもしれませんが。笑
わたしは、こないだは
『むかつく!何なん?子供か!!』って逆ギレしてました。笑
でも、自分が、異性に対して怒りを表現してる時って・・・・??を
思い返してみると、わかったことがあったんですよね。
なので、今はもう許してます♪
Psicologia comments(0) trackbacks(0)
言葉の違い
 
 
心理学講座に行ってきました。


ブログを読ませていただいてるカウンセラー根本さんの講座。
(ananとか、女性向け雑誌でも執筆されてるよーな方です)

なんか、芸能人に会うよーなくらい!
お会いできて感激でした 

話もすごく楽しくて、
おもしろくって、やっぱりすごい人でした。



男性の言葉と女性の言葉、意味が全然違うって話。

どうしてもひっかかることがあった。
講座終わってから、『質問しよう?どうしよう??』とかモジモジしちゃって、笑
でもこんなすごい人に質問することじゃないやーって
帰ろうとしたら。

後ろから根本さんが『お疲れ様』と挨拶してきて下さって。
おそらく、カウンセラーの目にはバレバレだったのでしょーね。
わたしが何かいいたげだったのは。

思い切って質問したら、
駅までの道のり、ずっとわたしの質問に答えて下さいました。

ああ、わたし、すごい人と今一緒に歩いてる!って若干舞い上がってしまってたけど。笑

すごく貴重な時間でした。

『その人自信がないんでしょうね』
という根本さんのフレーズが印象的でした。
(具体的な質問の内容は伏せておきますけど)

自信がない・・・・、
実は相手も、わたしと同じってこと??
Psicologia comments(0) trackbacks(0)
不安をエネルギーに変える


U-KIの心理学講座・・・・!
久しぶりに書いてみようと思います


例えば、こんな場合。

彼が特定の女の子とばかり話してる・・・
彼はいつもメールの返信が早いのに今日は遅い・・・
彼がいつも日曜日に電話くれるのに今日はしてくれなかった・・・

あやしい!!
あるいは『もうわたしの事好きじゃないの??』と落ち込む・・・
あるいは、相手の女の子に嫉妬する。


この手の不安は嫌ですよね・・・
わたしの実体験じゃないものも書きましたけど、想像するだけでもう嫌です


この不安を抱えてしまうと
不安を消したくて、
安心の証拠探しを始めるんです。
でも、この『安心の証拠探し』・・・・なかなかうまくいかないんですよね。
安心したくて彼に詰め寄っても、余計落ち込んでしまうケースが多い。


でも実際にこういう不安って、本当に、彼が原因なんでしょうか?

本当は自分なのでは?

『自分は愛してもらえない』という考えがベースにあるから。
この考え方を『メガネ』にして、彼の行動見てしまうと
『全部怪しい!!』と感じます。
安心なんか余計できなくなってしまう。
彼が自分に対して好意的なことしてくれてたとしても、
この『不安』に心が犯されている時、
そんなものは全部スルーです。涙


でも、わたしが最近思ったのは
『わたしは愛してもらえない』は大きな誤解であるということ!

確かに過去に、『期待が裏切られたこと』はあるかもしれない。
それで傷ついたのは事実です。
でもそれが『わたしは愛してもらえない』ではないということです。



『もっと素直になったら?』
考えてみると、こういう嫉妬とか、言いようのない不安とかって
結構なエネルギーを使っているはず。
でも、それってそれだけ
自分は相手の事を思うエネルギーを持ってるってことなんです。
そんな人が他の人に愛されないわけない。

但し、
そのエネルギーを自分を苦しめるために使うのではなく
相手を困らせるために使うのではなく、
もっと相手に素直に伝える方に費やした方がいい。ということです。


それに。
安心とか自信は相手からもらうものじゃなく、
自分の中からでてくるものなんですよ!
これ、わたしがすごーーく重要だと思ってることです。

自分で、自分を苦しめることをやめれば
もっと楽になれるばすです。

(こんなこと書いてますが、自分は中学生レベルの恋愛しているゆきでした 笑)

Psicologia comments(2) trackbacks(0)
special day -1


23日はSPECIAL DAY

朝からまずプールに。笑
朝泳ぐの気持ちいいよ

午後から心理学ワークショップに参加しました。

やっぱり心理学おもしろいー!
もっと本格的に勉強したいかも。

名古屋の人とも久しぶりに再会できました。
休憩時間中にちょこっとだけ話しました。

今回は講座のようなものなので、じっくり話せませんでしたけど。
asanoさんの講義を聞いてて、
やっぱりこの人の話はすごく人を惹きつけるなーと
思いました。


今、乙女のように
楽しい恋愛ができてるのは、間違いなくこの人のおかげだと思ってるから。

多分、あの時名古屋に行ってなかったら
引きずって、引きずって、ますますマイナス思考な女になってたと思います


ほとんど話す時間なかったけど、
最後に『年内にもう一度お会いできてよかったです。』
という言葉を伝えることができて良かった。


ワークショップの後は
天王寺へ移動〜
つづく:::

Psicologia comments(0) trackbacks(0)
| 1/2 | >>